2つの給付金についてのお知らせ

臨時福祉給付金

  • 臨時福祉給付金とは?

消費税率の引き上げに伴い、所得の低い方々への負担の影響に鑑み、暫定的・臨時的な措置として支給される給付金です。

  • 支給対象者

平成26年度分の住民税が課税されていない方が対象です。

ただし、課税されている方に扶養されている場合や、生活保護の受給者である場合などは除きます。

  • 支給額

1人につき 10,000円

下記に該当する方は、1人につき5,000円を加算します。

●老齢基礎年金・障害基礎年金・遺族基礎年金等の受給者など

●児童扶養手当・特別障害者手当等の受給者など

 

 

 

※複数の加算措置に該当する方の場合も、加算される額は1人につき5,000円です。

対象者診断チャート.pdf [365KB pdfファイル]  

 子育て世帯臨時特例給付金

  • 子育て世帯臨時特例給付金とは?

消費税率の引き上げに伴い、子育て世帯への影響を緩和するとともに、子育て世帯の消費の下支えをはかる観点から、臨時的な給付措置として支給される給付金です。

  • 支給対象者

 次のどちらの要件も満たす方が対象です。

①平成26年1月分の児童手当・特例給付の受給資格がある方(平成26年3月で中学修了により手当の受給が終わっている受給者も含まれます。)

※特例給付とは、所得が高額な方について、児童1人あたり5,000円を支給しているものです。

②平成25年中の所得が児童手当の所得制限限度額未満の方(下表をご参考ください。)

 表 所得制限限度額(参考)

扶養親族などの数 所得制限限度額 収入額の目安
0人 622万円 833.3万円
1人 660万円 875.6万円
2人 698万円 917.8万円
3人 736万円 960.0万円

 

 

 

 

 

  • 支給額

対象児童1人につき 10,000円

※「臨時福祉給付金」の対象となる児童や、生活保護制度の被保護者にあたる児童等は除きます。

 対象者診断チャート.pdf [365KB pdfファイル]  

 

受け取ることができるのはどちらか1つの給付金です

 

申請受付等

  •  申請先 色麻町町民生活課

平成26年1月1日時点で色麻町に住民登録されている方が対象となります。

色麻町以外が申請先となる方は、事前にその市区町村にお問い合わせるか、ホームページなどで確認するようにしてください。

  • 申請期間・申請方法

具体的な申請時期・方法については、決まりしだい「広報しかま」等でお知らせします。(受付時期の目安としては、7月頃を予定しています。)

 配偶者からの暴力(DV=ドメスティック・バイオレンス)を理由に避難している人への支援

配偶者からの暴力を理由に避難している人で、事情により平成26年1月1日時点で住民登録を移すことができない人は、事前申出を行った場合、配偶者などからDV被害者の分の給付金の代理申請が行われても支給しないなどの配慮を行います。

事前申出をする場合は、町民生活課にお問い合わせのうえ、所定の申請書に必要書類を添付し申請してください。

※申し出た時点で、給付金が既に配偶者などに支給していた場合、申出を行った人への支給はできませんのでご留意ください。

「給付金詐欺」にご注意ください!

給付を装った「振り込め詐欺」や「個人情報の搾取」に注意してください。

町や厚生労働省、その他の行政機関が次のようなことは絶対に行っておりませんので、ご注意ください!

  1. ATM(現金自動預け払い機)の操作をお願いすることは絶対にありません。
  2. 「臨時福祉給付金」「子育て世帯臨時特例給付金」の支給のため、手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。
  3. 現時点で(申請の受付前に)、個人の世帯構成や口座番号などの個人情報を照会(聴取)することは絶対にありません。

ご自宅や職場などに市町村や厚生労働省(の職員)をかたった電話がかかってきたり、郵便が届いたら、迷わずお住まいの市区町村や警察署にご連絡ください。

 

【問い合わせ】町民生活課 住民年金係

 TEL:0229-65-2111(内線173) FAX:0229-65-4400

 e-mail:chomin@town.shikama.miyagi.jp