空き家バンク事業

空き家バンク事業とは

「自然豊かな土地に住みたい」、「ふるさとで暮らしたい」など、都会からのIターン、Uターン希望者が増えています。

 一方で、町内の空き家は少しずつ増えてきており、所有者の方からは「貸したい・売りたい」などの情報を提供したいというニーズが高まっています。

 そこで、町がホームページ上に空き家物件を登録し、情報を広く提供する事業を開始します。

 空き家はそのまま放置しておいても、衛生面、金銭面でのデメリットがある上、風水害により年々傷んでしまいます。人が住むことで家も生き返り長持ちします。他にも景観向上や地域活性化など良い面が多々あります。

 空き家を貸したい・売りたいと考えている皆さん、ぜひ情報をお寄せください。「近所に空き家がある」という情報も併せてお待ちしております。

事業の流れ

 

空き家所有者の方へ

① 空き家情報登録申込み

「色麻町空き家情報登録申込書」に必要事項を記入し提出します。

② 空き家情報の登録・紹介

町は、登録申請書の内容を確認、現地調査等を行った後、ホームページ等へ掲載します。

※掲載する情報は物件情報のみで、氏名等の個人情報は掲載しません

③ 利用希望者への情報提供

詳細情報の提供依頼時は、空き家所有者に連絡先等の情報を提供してよいか確認します。

承諾が得られた段階で、双方へ連絡先等の情報を提供します。

④ 当事者間で交渉(契約)

空き家所有者、利用希望者の当事者間で交渉(契約)します。

⑤ 交渉結果の連絡

交渉が終了したら町へ交渉結果を連絡します。

空き家を利用したい方へ

① 空き家情報の確認

ホームページ等に掲載された空き家物件から希望の物件を探してください。

② 空き家情報バンク利用登録

希望する物件の所有者と交渉を行いたい場合は、「色麻町空き地情報登録申込書」に

必要事項を記入し色麻町役場 企画情報課へ提出します。

③ 連絡先等の情報提供

空き家所有者の承諾が得られ次第、所有者情報及び物件詳細情報を提供します。

④ 当事者間で交渉(契約)

空き家所有者、利用希望者の当事者間で交渉(契約)します。

⑤ 交渉結果の連絡

交渉が終了したら町へ交渉結果を連絡します。

ご利用に際しての注意事項

※ 物件情報は主に町のホームページで情報提供します。

※ 売買・賃貸等の交渉は当事者同士で行っていただきます。

※ 掲載されている情報については、物件所有者の申請に基づいて作成しております。

  詳しい情報についてはご自身で確認するようにしてください。

※ 掲載されている情報については、随時更新しますが、必ずしも現況を反映していない場合もあります。