Q1 蛇口から赤い水が出る

 配・給水管内の鉄さびが原因でおこるもので、赤水といいます。しばらく水道を使用していないときなどに発生しやすくなる場合があります。赤水の継続時間などにもよりますが、開栓時の水をしばらく捨水をしてください。それでもひんぱんに発生するようであれば、老朽化した配管の取り替えが必要です。

 鉄分は必須栄養元素で、人体への影響は通常の摂取量では問題ありません。

Q2 魔法瓶の中が黒くなる

 給湯設備から直接何回もお湯を注ぎ足すと、使用されている鋼管などから微量の銅が溶け出し、始めは青く、付着量が多くなるにつれて黒くなる場合があります。

Q3 蛇口から白い水が出る。(数秒後には透明になる。)

 水道水をコップに入れたとき、下の方から除々に透明になる場合は、空気によるものです。給湯設備の場合は、水道水が急激に加熱され、とけこんでいる空気が放出され、白濁することがあります。

 空気による白濁は、放置することにより透明になり、安全性の上でも問題はありません。

Q4 加湿器の吹き出し口周辺や、蛇口等に白い固形物が付着する。

 水道中のカルシウム、マグネシウムなどの成分などが煮沸することにより固体化し、白い固形物として付着するためです。

 水のミネラル分ですので、安全性に問題はありません。

Q5 氷の中央部に白い固形物が発生する。

 水は外側から除々に凍っていくので、水道水中に溶けている空気やミネラル分が中央部に濃縮され、白い浮遊物となって残ることがあります。

 ほとんどは空気やミネラル分ですので、安全性に問題はありません。

Q6 飲み残しのお茶が紫色になる。

 水道中の鉄がお茶の成分タンニンと反応し、紫色のタンニン鉄が生成することによるためです。
このような場合、すでに赤水障害(Q1を参照してください)が発生している場合が多く、布設替え等が必要です。

 また、タンニン鉄自体は有害ではありませんが、空気中の細菌が繁殖することがあるので、容器をよく洗ってから使用して下さい。

Q7 使用水量が徐々に多くなっている。

 検針にお伺いした検針員が発見できる漏水は、その月の使用水量が前月に比べて1.5倍以上になった場合です。

 これは、お客様の使用状態が夏は多く、冬は少なくなるなど、季節によって変わることを考え、使用水量の増加が極端な場合のみに限定しているためです。

 そのため、ごく少量または、漏水場所の穴が徐々に拡大したような場合の漏水などは、検針員でも発見できません。

 最近以前に比べて使用水量が多くなったなとお感じの方は、水道メーターの電子メーター画面をご確認いただくなど、漏水の点検をお願いします。

 また、万が一漏水だった場合は、色麻町指定給水装置工事業者へ修繕をご依頼ください。

Q8 敷地の一部がずっと濡れていて、晴天が続いても乾かない。

 ご家庭の敷地内の一部がずっと濡れていて、晴天が続いても乾かない場合、漏水の他に、付近の山などから長雨でしみ出した水の可能性もあります。

 水道メーターのパイロットをご確認いただくなど、漏水の点検をお願いします。

 また、水道メーターより配水管側での漏水の場合、パイロットは反応しませんので、発見が遅れる場合がありますのでご注意ください。

 万が一漏水だった場合は、色麻町指定給水装置工事業者へ修繕をご依頼ください。

Q9 公道(国道や県道、町道などで)がずっと濡れていて、晴天が続いても乾かない。

 配水管からの漏水の可能性があり、発見が遅れますとその付近一帯の水道水の供給ができなくなるなどの事故を招くおそれがありますので、建設水道課までご連絡いただきますようご協力をお願いいたします。

 なお、公道と敷地の境目の場合、給水管からの漏水の可能性もあります。この場合、色麻町指定給水装置工事業者へ修繕の依頼をお願いいたします。 

Q10 急に水圧が下がった。

 急に水圧が下がるのは様々な原因が考えられますが、水圧が下がったと感じられるのが、お湯の蛇口の場合、そのほとんどの原因は給湯器のストレーナー(不純物を取り除くフィルター)の目詰まりが原因です。

 お湯の蛇口と水の蛇口が別々になっている蛇口から、それぞれを出してみてお湯の水圧だけが極端に低い場合は、ご使用の給湯器の取扱説明書をご覧いただき、ストレーナーの掃除をしていただくか、色麻町給水装置工事業者へご相談ください。なお、この方法は浴室のお湯と水の混合が必ず行われる一部の混合栓の場合実施できませんので、ご注意ください。

 そのほかに考えられる原因としては、急激なご家庭内の漏水、配水管からの漏水などの可能性もあります。