国民健康保険について
 

国民健康保険とは

日本では、病気やケガをしたときに、安心して医療機関を利用できるように、すべての人が何らか

の医療保険に加入することになっています(国民皆保険制度)。国民健康保険は、そうした医療保険

の1つであり、市区町が運営しています。

 

国民健康保険の加入・脱退の届出

下記の場合には窓口にて届出をしてください。
 

国民健康保険加入の届け出について
  • 他の市区町村から転入してきたとき
  • 社会保険等他の医療保険を脱退したとき
  • 子どもが生まれたとき
国民健康保険脱退の届け出について
  •  他の市区町村へ転入するとき
  •  社会保険等他の医療保険に加入したとき
  •  国民健康保険加入者が死亡したとき

 

負担割合について

一部負担割合について

国民健康保険証を提示して診療を受けたときの自己負担割合は下記のとおりとなります。
義務教育就学前        2割
義務教育修学後以上70歳未満   3割

※70歳到達月の翌月(1日生まれの方は、到達月)から75歳到達日までの方につきましては、

医療機関を受診する際に「保険証」「高齢受給者証」を提示していただく必要があります。

色麻町では「保険証兼高齢受給者証」となっておりますので、保険証を提示していただければ

下記負担割合での受診となります。
 
        70歳以上75歳未満の方の一部負担割合


同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる世帯

3割 

①以外で誕生日が昭和19年4月2日以降の方 2割  
①、②以外で誕生日が昭和19年4月1日以前の方 1割

※①に該当する方でも高齢者世帯の収入額が520万円(高齢者が1人の場合は383万円)未満

の場合は、申請により自己負担限度額が引き下げられます。 

 

第三者行為による届出

 交通事故や暴力行為など、第三者(加害者)の行為によるケガの治療に保険証を使う場合は、

保険者への届出が義務づけられています。本来、治療費は加害者が負担することになりますが、

町が一時的に立て替えた後に加害者へ請求します。

※加害者から治療費を受け取っていたり、示談をした場合等は保険証が使えない場合があります。

 

必要なもの

 

 ※1 人身事故証明書入手不能理由書

  警察に交通事故の報告をしていない場合や、交通事故証明書の事故の種別が物件事故の場合、

  交通事故証明書に被保険者が記載されていない場合は提出が必要となります。