森林は、国土の保全、水源のかん養等のほか、二酸化炭素の吸収源として重要な役割を果たしています。これらの機能を高め、集中的な間伐等の実施の促進を図るため、平成25年5月31日に「森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法(以下、「間伐等特措法」という。)」が一部改正され、公布・施行されました。
 色麻町では、間伐等特措法に基づく宮城県の基本方針により特定間伐等促進計画を作成しましたのでお知らせします。

特定間伐等促進計画

 町内における特定間伐等の実施に関する計画で、平成25年度から平成32年度までの8ヵ年における造林・間伐などの計画(目標、実施計画等)を定め実施することにより、地球温暖化防止に向けた森林吸収量源の確保に努めるものです。内容は宮城県が策定した「特定間伐等の実施の促進に関する基本方針」に即し、町内各事業体からの提案を取り入れたものとなっております。また、計画に基づき間伐等を実施する方は、補助等の優遇措置が講じられています。

 なお、箇所別計画等の詳細につきましては産業振興課において閲覧することができます。