かっぱ伝説

 あるとき河童(かっぱ)が、お姫様に一目惚れをしてしまいました。姫の気をひきたくて、河童は毎晩、館にかよい、生きた魚や青いキュウリを置いてきました。 
 しかし、姫は河童が自分に嫌がらせをしていると思いこみ、気味が悪く、眠れない夜を過ごしていました。このことを伝え聞いた、若侍が「よし、わしが河童を退治してくれよう。」と、姫の着物をつけて館で待ちかまえていました。
 そんなこととは知らずに、お姫さまに会いたくて、館に忍びこんできた河童は、その夜若侍に片腕をすっぽり、切りおとされてしまいました。
 さあ-たいへん、河童は「腕を返してくれ、返してくれたらお姫さまに、近よることはしませんから。」と、腕の痛さをこらえながら、一心にたのむのでありました。

 若侍は、「切られた腕を返せとは?」と不思議に思い、問いただしました。すると、河童には河童膏(かっぱこう)という膏薬があり、それを塗ると、どんなものでも、瞬時にくっつくというのです。そこで若侍は、腕と河童膏を交換したのでした。
 この河童膏のおかげで、若侍は、戦で傷を負っても、すぐに治り、たくさん手柄を立てることができました。 


 また、好き合っている恋人どうしが、河童膏を塗ると二人は、決して離れることなく、めでたく結ばれるともいわれ、縁結びの薬でもあったそうです。
 現代にもほしい膏薬ですね。 ただし、みだりに用いると、ただちに河童の罰(ばち)があたるといわれます。ご用心!ご用心!