県立自然公園「船形連峰」の概要

 色麻町役場から登山道入口の大滝野営場までは車で約1時間(※保野川林道は、道幅が狭く、また、約17㎞の悪路のため、車体の高い車か四輪駆動車等での乗り入れをお勧めします)。途中、約41mの大瀑布「色麻大滝」や「鈴沼」があり、登山者の心を魅了します。色麻大滝から大滝野営場までは車で約3分。野営場には宮城県名水百選「人命水」があります。
登山道入口から山頂までは約2.6km。登っていくと、すぐに湯谷地で一面は湿地帯。小屋あと、湯谷地神社の石碑、モウセンゴケの群落は色麻コースの代表的な風物です。夫婦岩を過ぎると小野田コースとの合流点、三叉路に。ここから山頂まで約1時間、登りの終わりが「歓迎の岩」で、約2時間程度で山頂に到着。

 

 

コースの状況

 船形山登山道の状況についてお知らせいたします。色麻町からの登山コース(小栗山コース)は、色麻町役場から車で1時間ほどの大滝野営場が登山口となるコースです。現在は雪も溶けて大滝野営場まで行くことができますが、道のりは相当な悪路であるため、車体の高い車や四輪駆動車での乗り入れをお勧めいたします。