県立自然公園「船形連峰」の概要

 北日本中帯火山脈に属し、南に蔵王火山、北に栗駒火山との間にある一大火山が船形火山群で、仙台市、大和町、色麻町、加美町、山形県東根市、尾花沢市、最上町にまたがっています。その中心部が主峰船形山で、その南東に蛇ヶ岳、三峰(坊主山)が続き、その南に、後白髪山(うしろしらひげやま)があります。船形山の北方は、徐々に低下して、北西方に荒神山があり、西部に白髪山(しらひげやま)がそびえています。また、泉ヶ岳、七ッ森、薬莱山も船形火山に属しています。

四季折々に美しい表情を見せてくれます


約41mの大瀑布「色麻大滝」

神秘的な鈴沼

山頂にある山小屋です

登りの終わりにある歓迎岩

大滝野営場

山頂付近から見える鏡が池