学校給食センターの概要

学校給食センターは、町立学校(小学校、中学校及び幼稚園)の学校給食を適正かつ円滑に実施するため調理等の業務を管理する施設として設置され、平成14年9月に宮城県内初のオール電化方式給食センターとして開設しました。

開設当初から町直営で運営しておりますが、安全で安心な学校給食の安定した提供、食育の充実、運営の合理化の推進等を目的として、平成29年4月から調理及び配送等業務の民間委託を実施しています。

給食は、完全給食で米飯給食を週4回、パン給食を週1回実施し、米は色麻町産ひとめぼれ、米粉パンには加美郡産の米粉が使用されています。おかずは、季節の食材、町内産の野菜等を多く使うよう心がけ、子どもたちにとって「食事の手本」、食育の「生きた教材」となるよう献立を工夫しています。食数は1日約820食調理し、年間約200日稼働しています。

施設概要

  • 名称:色麻町学校給食センター
  • 所在地:色麻町四竃字枛木町150番地
  • 建築面積:448.57m²
  • 床面積:446.45m²
  • 建物構造:鉄骨造平屋建て
  • 調理能力:900食/日
  • 厨房方式:オール電化方式(ドライ厨房システム)
  • 業務開始:平成14年9月

職員構成

  • 所長:1人(教育総務課長兼務)
  • 事務:1人
  • 栄養士:1人(県費職員)
  • 委託業者:12人(調理員8人、運転手2人、配膳員2人)

業務内容

  1. 町立学校に対する給食の実施に関すること。
  2. 町立学校に対する栄養及び衛生管理指導に関すること。
  3. 学校給食に関する調査及び研究に関すること。
  4. その他学校給食に関すること。

担当事務

  1. 学校給食センター運営委員会に関すること。
  2. 施設、設備器具の管理運営に関すること。
  3. 給食事務に関すること。
  4. 献立に関すること。
  5. 給食調理、運搬、回収に関すること。
  6. 給食用物資の発注及び検収保管に関すること。
  7. 運搬車の管理に関すること。
  8. その他給食に関すること。

学校給食の実施状況(平成29年度)

給食実施対象者

  学校数 児童生徒数 教職員数
小学校 1校 374人 29人 403人
中学校 1校 207人 26人 233人
幼稚園 1園 142人 28人 170人
給食センター - - 14人 14人
2校1園 723人 97人 820人

年間給食回数

  • 小学校:185回から190回
  • 中学校:172回から185回
  • 幼稚園:185回から188回

給食費

  • 小学校:一食単価198円※(年額36,630円から37,620円)
  • 中学校:一食単価237円※(年額40,764円から43,845円)
  • 幼稚園 一食単価178円※(年額32,930円から33,464円)

※学校給食費軽減事業により保護者負担額を25%軽減しています。学校給食費軽減事業の詳細はこちらをご覧ください。

リーフレット