色麻町協働教育プラットフォーム事業

 事業概要

 家庭・地域・学校が協働して子どもを育てる仕組みづくりを行い、地域の教育力の向上や活性化を図り、地域全体で子どもを育てる環境づくりを図ります。
宮城県教育委員会の「宮城県協働教育プラットフォーム事業」の委託を受け実施しています。
具体的な内容としては「家庭教育支援」・「地域活動支援」・「学校教育支援」の3つの分野で構成され、実行委員会において計画、評価を行います。

 

(1) 学校教育支援

 地域の人材を「学校支援ボランティア」として登録し、学校の要請に応じて人材の派遣を行います。
コーディネーターが定期的に学校を訪問し、学校との調整を行います。
また、既存の「出前講座」等の仕組みを、学校が利用しやすいような仕組みづくりも行っていきます。

(2) 地域活動支援

 放課後や休日等を活用して、生涯学習に向けた多様な学びの場やレクリェーションの場、異年齢集団や異世代間の交流、地域産業体験等を提供します。

(3) 家庭教育支援

 親の「学び」と「育ち」を支える環境を整えるため、学校の参観日を利用した講演会や、子育て中の親同士の交流を目的とした事業を実施します。