県指定重要文化財「往生寺 木造円光大師像」火災防ぎょ訓練

 平成28年1月26日火曜日、「第62回文化財防火デー」当日、円光大師像の安置される往生寺において、火災を想定した火災防ぎょ訓練が行われました。

 冬の晴間となったこの日、王城寺地区「往生寺」には、加美消防署の署員や町消防団員といった消防関係者、町内の文化財保護に関わる方が集まり、本堂からの出火を想定した、文化財の運び出しから消防署・消防団による放水、模擬消火訓練が行われました。

 ※「文化財防火デー」とは、1949年(昭和24年)の1月26日、法隆寺の金堂で火災が発生し、堂内の壁画を消失したことから、文化庁と消防庁の主唱により全国的に文化財の防火運動が実施されている日です。

 当日の様子

 
今後も文化財の保護にご協力お願いします。