県指定重要(有形)文化財「往生寺 木造円光大師像」防火査察

 平成27年1月26日月曜日、第61回文化財防火デー当日、円光大師像の安置される往生寺において、文化財防火のための査察が行われました。

 例年に比べ雪も少なく、静かに迎えたこの日、王城寺地区「往生寺」には、加美消防署の署員や町消防団員といった消防関係者、町内の文化財保護に関わる方が集まり、お寺の住職、檀家とともに消防署員による査察を受けました。

 ※「文化財防火デー」とは、1949年(昭和24年)の1月26日、法隆寺の金堂で火災が発生し、堂内の壁画を消失したことから、文化庁と消防庁の主唱により全国的に文化財の防火運動が実施されている日です。

 当日の様子

 
今後も文化財の保護にご協力お願いします。